This is where a welcome message or introduction paragraph can go. The area is fixed and will hold a maximum of 6 lines, including line breaks (<br />). I would prefer 5 lines though to avoid crowding and enable better spacing.

Cum sociis natoque penatibus et magnis dis parturient montes, nascetur ridiculus mus. Sed ante nisi, mattis eget sollicitudin quis, sagittis vitae nunc. Nullam pharetra tincidunt.

Archive for 1月, 2018

さあ8時間のドライブへ ひたすらバスを運転するだけのザ・単調ゲーム「Desert Bus」のVR版がSteamで登場
1月 16th, 2018 · No Comments · 未分類

ひたすらバスを運転するだけのVRゲーム「Desert Bus VR」がSteamにて無料配信されています。リアルタイムで8時間かかるだと…。同ゲームは1990年代に作られた、有名なコメディマジシャン「ペン&テラー」出演のゲームに収録のミニゲーム「Desert Bus」のVR版です。以前よりスマホ版が配信されていて(現在iOS版は削除されたもよう)、カルト的な人気を集めるミニゲームなのですが、その内容はまさに過酷そのものなのです。レースゲームのように速度をグングン上げて走れるわけでもなければ、難しいコーナリングに挑むわけでもありません。ただ砂漠に真っすぐある道路を目的地まで8時間かけて走るゲームとなっています。ある意味修行ですね。しかもバスは真っすぐ走れず右にズレていく仕様なので、何度も左に向けるだけのハンドル操作が要求されます。もしも道路から外れてしまった場合にはバスが停止して、同じ時間をかけてレッカー車で戻されます。なお途中のポーズは不可です。 運転中にできるのは、ラジオのオンオフと、ドアの開け閉め、あとは有り難いことにギブアップもできます。

スマホVRにリモコンが必要なわけ
1月 10th, 2018 · No Comments · 未分類

Googleカードボードにはハード的なコントローラというものがありません。そのため、ゲームなどの操作が必要なアプリを使おうとすると、なんらかのコントローラが別に必要になります。そのためエレコムは以前からVR環境向けにJC-VRR01BK(ブラックモデル)というBluetoothコントローラを販売していました。そして、10月末に発売されたのが「JC-VRR02VBK」です。これはAR/VRに対応するモーションセンサー搭載のBluetoothコントローラで、9軸のモーションセンサーが持った手の動きを伝え、その動きをゲーム内の手の動きとして認識し、ゲームプレイを可能にしています。コントローラは最大2台を使用できるので、両手でコントローラを持って、両手の動きを反映してゲームをすることができます。ボディはコンパクトで軽く女性でも扱いやすそうです。前面、上部、側面と多くのコントローラボタンを持っていて、前方のトリガー、カーソルなどはシューティングゲームを制御するのに便利そうです。
vr