This is where a welcome message or introduction paragraph can go. The area is fixed and will hold a maximum of 6 lines, including line breaks (<br />). I would prefer 5 lines though to avoid crowding and enable better spacing.

Cum sociis natoque penatibus et magnis dis parturient montes, nascetur ridiculus mus. Sed ante nisi, mattis eget sollicitudin quis, sagittis vitae nunc. Nullam pharetra tincidunt.

操作性が評価されている「SHARP AQUOS wish」
8月 17th, 2022 · No Comments · 未分類

“スマートフォンの中でも、操作性、スペックが安定しているものを探しているのであれば、「SHARP AQUOS wish」がオススメです。
SHARP AQUOS wishの特徴となりますが、「価格が安い、防水防塵機能あり、耐衝撃性」のスマートフォンとなっているので、格安SIMフリースマホよりも性能が安定しています。近年では、これらの機能を持つSIMフリースマホも出回っていますが、防水防塵機能を完備していない、耐衝撃性のみ対応していない、そもそもスペックが低い・・・などのケースがあるため、SHARP AQUOS wishのような安定感はありません。
SHARP AQUOS wishの詳細スペックですが、「サイズが約147mm×71mm×8.9mm、重量は約162g、ディスプレイサイズは約5.7インチ(HD+)、カメラはメイン:約1,300万画素、サブ:約800万画素」となりますので、安かろう悪かろうの問題はありません。また、今ではスマートフォンが多機能でかえって機能が多すぎると感じる、重量が200g以上のため重い・・・ものが増えてきました。そのため、SHARP AQUOS wishのようなコンパクトボディで軽いスマートフォンは人気なのです。
SHARP AQUOS wishの処理性能ですが、「バッテリー容量が3,730mAh、CPUはSnapdragon 480 5G Mobile Platform 2.0GHz×2+1.8GHz×6 オクタコア、ストレージは64GB」となりますので、コストパフォーマンスが高いスマートフォンとして評価できます。今では、スペックを売りにしているSIMフリースマホもありますが、バッテリー容量が低い、CPUのみ古いパーツをそのまま流用している・・・モデルが少なくありません。そのため、全体的にSHARP AQUOS wishは安心して使える長所があります。
そのほかのSHARP AQUOS wishの特徴となりますが、SHARP AQUOS wishは「5G対応モデル、防水防塵機能ありで耐衝撃など18項目のMIL規格クリア、おサイフケータイ機能あり、指紋センサーを搭載」しているため、コストパフォーマンスが高いスマートフォンというだけでなく、今ではトレンドとされている機能がほとんどそろっています。
SHARP AQUOS wishは、決済アプリを瞬時に表示できる「Payトリガー」搭載となっており、しかも同封のケーブルを使用することで旧スマホと接続、簡単なデータ移行も可能です。これには難しい操作を必要としませんので、データ移行を楽に終えられるスマートフォンを探している人にも、SHARP AQUOS wishをオススメできます。
また、SHARP AQUOS wishはカメラを速く起動することが可能なため、シャッターチャンスを逃すことがありません。このようにSHARP AQUOS wishは、かゆいところに手が届いているスマートフォンなのです。”Galaxy SIMフリースマホの紹介とメリット

動画をよく見るお子さんにおすすめ!エンタメフリーオプションのあるBIGLOBEモバイルとは?
8月 12th, 2022 · No Comments · 未分類

“BIGLOBEモバイルは格安SIMの中で唯一エンタメフリーオプションを展開しています。このエンタメフリーオプションとはYouTubeなどの動画を見る際のデータがフリーで楽しめるオプションです。今回はお子さんのスマホにもおすすめなBIGLOBEモバイルの魅力に迫ってみましょう。
【BIGLOBEモバイルは家族割がある】
BIGLOBEモバイルは家族揃って利用するのがおすすめです。BIGLOBEモバイルの家族割では2回線目以降は200円割引が適用されます。つまり家族4人で4台のスマホを契約した場合には、3人は200円割引となるわけです。この割引は毎月継続されるので、家族でまとめて契約するのがおすすめですね。
家族割が適用された場合、音声通話SIMのプランS(1ギガ)であれば月額858円で使用できます。また3ギガのプランRでも1,100円、6GのプランMでも1,650円とかなりリーズナブルな価格設定です。BIGLOBEモバイルでは元々の料金設定が安い上に、さらに200円割引されるのでコスパ重視でスマホを契約したいという方にぴったりです。特にお子さんのスマホ料金を安くしたいというご家庭におすすめですね。
またBIGLOBEモバイルでは音声通話SIMの他に、音声通話機能がないデータSIMもあります。データSIMにはLINEを登録する時などに必要となるSMS機能付きのデータSIMプランもあるので、音声通話を利用しないという場合には、データSIMプランでもよいでしょう。データSIMプランであれば音声通話SIMよりもさらにプラン料金は安く設定されているので、コストパフォーマンスは最高です。
ちなみにBIGLOBEモバイルの家族割は
・音声通話SIM
・データSIM
ともに毎月200円割引が適用されます。
さらに家族それぞれのデータ通信容量が選べるので、使いやすいですね。また回線についてはタイプA(au)とタイプD(docomo)の回線から選択可能です。
【BIGLOBEモバイルの魅力「エンタメフリーオプション」とは?】
お子さんのスマホ料金をできるだけ安くしたいと思うご家庭は多いはず。そうするとできるだけ通信容量が少ないプランを選ぶことになりますよね。しかしお子さんによっては、外出先でYouTubeなどの動画を頻繁に見て、すぐに容量超過してしまう…というケースもあるかもしれません。
そんな方におすすめしたいのが、BIGLOBEモバイルの「エンタメフリーオプション」です。このエンタメフリーオプションは、YouTubeなどの21サービスの通信量が定額料金でノーカウントになるオプションです。つまり通信速度制限中であっても、対象サービスに関しては速度制限されることなくサクサクみられるということ。
対象となるサービスは以下の通りです。
・動画配信:YouTube、ABEMA、U-NEXT、YouTube Kids
・音楽・ラジオ配信:YouTube Music、Apple Music、Spotify、AWA、Amazon Music、LINE MUSIC、radiko、らじる★らじる、dヒッツ、楽天ミュージック、TOWER RECORDS MUSICNEW
・電子書籍配信:dマガジン、dブック、楽天マガジン、楽天Kobo
・その他:Facebook Messenger、au PAY マーケット
移動時間にYouTubeなどの動画サイトを見たり、アプリで音楽を聴いたり、場所を選ばず電子本を見ることもできます。
このエンタメフリーオプションは音声通話SIMを申込の方に関しては、初回最大2ヶ月無料となっているので、試しに利用してみるという人も多いです。
料金は
・音声通話SIM:308円/月額
・データSIM:1,078円/月額
となっています。
【お子さん利用でも安心のi-フィルター】
BIGLOBEモバイルではお子さんがスマホを使用する際に、心配となる有害サイトをフィルタリングできる「iフィルター」というサービスを月額220円で提供しています。(初回月は無料)
このiフィルターは(公式)日本PTA全国協議会推薦製品で、アプリに潜むリスクを起動時に警告してくれます。有害サイトをしっかりとブロックでき、離れていても利用状況の確認やフィルタリングの強度の変更も可能です。さらにiフィルターは、スマホで利用できる全ての通信(Wi-Fi、携帯電話回線)に対応しており、通信方法を気にせずに利用できます。”

プロ仕様のカメラ機能をもつスマホ「Samsung Galaxy S21 Ultra 5G SC-52B」
8月 11th, 2022 · No Comments · 未分類

“スマートフォンの中でも、高性能なカメラ機能をもつスマホを探しているのであれば、「Samsung Galaxy S21 Ultra 5G SC-52B」がオススメです。
ほかのスマートフォンと比較した場合、「マニュアル操作できるポイントが多い」ので、Samsung Galaxy S21 Ultra 5G SC-52Bは人気のモデルです。マニュアル操作?という方もおられるかと思いますが、現代のスマートフォンの多くはAI機能を搭載しているため日常的な機能については、AIの判断で細かい調整がされるようになっています。
そのため、夜間撮影をする場合などでも明るい状態で撮影できる・・・など、基本的に写真撮影はスキルを要しない時代になってきました。
そんな時代でも、マニュアル操作で調整できるようになっているのが、Samsung Galaxy S21 Ultra 5G SC-52Bというわけです。具体的には、Samsung Galaxy S21 Ultra 5G SC-52Bの「プロモード」で設定をすると、光の取り込み量などを細かく調整できます。AIカメラ機能を使ってみると自分に合わない・・・、しかし、細かい設定はしづらいスマートフォンも使いたくない・・・、このような悩みを抱えている人であれば、Samsung Galaxy S21 Ultra 5G SC-52Bは唯一無二のスマートフォンになるでしょう。
そのほかのSamsung Galaxy S21 Ultra 5G SC-52Bの特徴ですが、当モデルは「光学10倍の望遠カメラとAI技術による撮影」が可能となっているため、昔ではありえなかった100倍ズーム可能なモデルとなっています。
本来であれば100倍ズームを使用すると、だんだんとぼやけている範囲が広がっていく・・・のですが、Samsung Galaxy S21 Ultra 5G SC-52Bは光学ズームを採用しているため、クッキリとした写真撮影をすることが可能です。
Samsung Galaxy S21 Ultra 5G SC-52Bのカメラ性能ですが、スペックとしては「アウトカメラが108MP(広角)、12MP(超広角)、10MP(3倍望遠)、10MP(10倍望遠)、インカメラは40MP(広角)、F値がアウトカメラは1.8(広角)、2.2(超広角)、2.4(3倍望遠)、4.9(10倍望遠)、インカメラは2.2」となっておりますので、平均的なスペック以上のスマートフォンであるのは間違いありません。
Samsung Galaxy S21 Ultra 5G SC-52Bの詳細スペックですが、「本体サイズが165mm×76mm×8.9mm、重量は228g」となっておりますので、何気に結構重いほうのスマートフォンです。現在販売されているスマートフォンの多くは200gを切るものが多いので、長時間のカメラ撮影には不向きといえるでしょう。
ですがSamsung Galaxy S21 Ultra 5G SC-52Bは、魅力的なスペックとして「解像度が3200×1440の516ppi、搭載レンズ(アウトカメラ)は四眼カメラ、CPUはSnapdragon 888(最新)で2.8GHz+1.8GHzオクタコア、カメラ機能には手振れ補正やオートフォーカス、プロモード、8Kによる24fps動画撮影が可能」となっているので、追加されている機能についてはほかのスマートフォンとは比較にならないほどゴージャスです。”

モバイルバッテリーの選び方とは?
8月 10th, 2022 · No Comments · 未分類

“1日外出しているとスマホの充電がなくなってしまうことがあるでしょう。そんな時に便利なのがモバイルバッテリーです。モバイルバッテリーがあればコンセントがなくてもスマホの充電ができるので、外出先でも充電を気にせずに動画視聴やゲームなどを利用できるでしょう。今回はサイズや容量など様々な種類があるモバイルバッテリーの選び方についてまとめてみましょう。
【モバイルバッテリーの実容量とは?】
モバイルバッテリーを選ぶ時によく目にする単位と言えば「5,000mAh」や「10,000mAh」などの数字です。このmAhとはモバイルバッテリーの容量を表していて、この数字が大きければ大きいほど、スマホを充電できる回数も増えます。
ただし例えばパッケージに10,000mAhと表記されているモバイルバッテリーであっても、スマホ充電の際に必要となる電圧の増幅変換によって変換ロスが生じます。そのため実容量が記載容量の60~70%ほどになることも多いです。中には記載容量の半分にも満たない商品もあるので注意しましょう。
【モバイルバッテリーの選び方とは?】
ここではモバイルバッテリーを選ぶ時に注意しておきたいポイントをいくつかまとめてみましょう。
<容量は10,000mAh以上>
モバイルバッテリーを選ぶ際には必ず容量をチェックします。動画視聴やゲーム、SNSを頻繁に利用する人であれば10,000mAh以上の容量が理想です。例えばiPhone13の電池容量は3,000mAhとなっており、10,000mAhのモバイルバッテリーであれば変換ロスを考慮しても約2回は充電が可能になります。スマホ1回分のフル充電ができればよいという場合であれば5,000mAhでも問題ありません。
<出力をチェックする>
モバイルバッテリーを選ぶ際には出力を必ずチェックしましょう。出力は充電スピードに関わります。
現在販売されているモバイルバッテリーの出力、1.0A、1.5A、2.1A、2.4A、3.0Aがあり、Aの値が大きくなればなるほど、端末への充電速度は速くなります。2.4A以上の出力のモバイルバッテリーを選べば充電速度が速いと実感できるでしょう。
<Androidスマホでは「Quick Charge」対応がおすすめ>
Androidをお使いの場合には、「Quick Charge」に対応しているモバイルバッテリーがおすすめ。この「Quick Charge」対応であれば、一般的なモバイルバッテリーよりも高い電圧で給電できるので、急速充電が可能です。
<使いやすさも重視>
モバイルバッテリーを選ぶ際には使いやすさも重要です。頻繁に持ち歩いて使用するものだからこそ、機能面にはこだわりたいです。
例えば「QI」対応であればワイヤレス充電が可能となっており、上に置くだけで手軽に充電ができます。充電ケーブルがいらないので荷物を減らせる点も魅力ですね。
またiPhone12以降のシリーズをお使いの方であれば、MagSafe対応のワイヤレスモバイルバッテリーもおすすめ。iPhoneの本体背面に埋め込まれたマグネットを使用して、モバイルバッテリーをくっつけて使用できます。
その他、複数のポートがあるモバイルバッテリーであれば、同時に複数台の端末充電が可能です。商品によっては4つのポートがある商品もあります。さらにモバイルバッテリーに各種ケーブルが内蔵されているタイプもあり、ケーブルを別で携帯する必要がありません。”

親子間でデータシェアができるお得なIIJmioの魅力
8月 5th, 2022 · No Comments · 未分類

“お子さんにスマホを持たせる場合、安心して利用できるように親御さんが設定可能なスマホを選びたいです。今回はお子さんにもおすすめの格安スマホ「IIJmio」の魅力に迫ってみましょう。
【IIJmioとは?】
IIJmioではSIMの種類とデータ量を自由に組み合わせて利用できる格安スマホです。回線もドコモかauかを選ぶことができるので、用途に合わせて使える自由度の高さが魅力です。契約条件はなく、誰でもお得な価格で使いえますし、2年縛りや解約料なども発生しません。また他社では対応のすくないeSIMや5Gなどの最新サービスもいち早く取り入れており、サービスの質の高さにも定評があります。
【親子でデータ共有ができる】
IIJmioでは、家族間でデータシェアすることができます。データ量が余ったり、足りなくなったりした場合には、親御さんからお子さんにデータをプレゼントすることもOKです。このデータシェア複数のグループを作成できるので、お子さんが2人以上いるご家庭でも安心です。親と子供でシェアを分けるなどの使い方もできますよ。さらに余ったデータは翌月への繰り込みも可能です。無駄なくデータを利用できるIIJmioでは、ライフスタイルに合わせて様々な使い方ができるでしょう。
【お子さんのスマホ使用におすすめのみまもりパック】
IIJmioではお子さんのスマホ使用におすすめのワンコインサービスオプション「みまもりパック」を用意しています。みまもりパックは通常価格が671円のところ、セット価格にすると月額550円で利用可能です。ウイルスバスターとiフィルターのパックでお子さんをスマホの脅威から守ることができるアプリをまとめてあります。
まずウイルスバスターで、不正アプリ対策、Web脅威対策、保護者による使用制限、盗難・紛失時の対策、迷惑SMS(ショートメッセージ)/迷惑着信対策のセキュリティ対策ができます。
さらにiフィルターでは有害サイトの脅威からもお子さんを保護。見せたくないサイトはしっかりとブロックし、役立つサイトはきちんと見えるように、アプリの利用制限をし、お子さんのスマホ利用を親御さんがしっかりと管理できます。
【IIJmioのeSIMとは?】
IIJmioでは次世代SIM規格と言われるeSIMを取り扱っています。eSIMは通常の物理的なSIMのようにスマホにSIMカードを挿入する必要がなく、Webサイトから契約することですぐにその場で使えるようになるデジタル的なSIMです。
IIJmioのeSIMは1GB1000円以上するキャリアのデータ追加量が、IIJmioのeSIMであれば1GB495円の格安価格で利用可能。ネットから1GB単位でいつでも使いたい時に、使いたい分だけ利用できるので、非常に便利です。オンラインで申込から開通までワンストップでできますし、急なデータ不足の時にも安心です。eSIM対応のデバイスであれば、外出時もWi-Fiルーターやスマホのデザリングなしでいつでもネット接続が可能なので、利用シーンは多いでしょう。”

子供にスマホを持たす際の注意点を解説
6月 11th, 2022 · No Comments · 未分類

“お子さんにスマホを持たせたいけれど、何歳くらいからスマホデビューさせるのが正しいのか分からない…と悩まれているご家庭は多いでしょう。今回はお子さんにスマホを持たす際の注意点をまとめてみましょう。
【子供にスマホを持たせる理由とは?】
子供にスマホを持たせる理由は各ご家庭によって違うでしょう。その理由をまとめてみます。
<緊急連絡用>
保護者と子供の連絡用ツールとしてスマホはとても便利です。習い事で帰りが遅くなるなどの場合にもスマホがあればすぐに連絡が付くので安心です。
<犯罪・非行防止のツール>
スマホには位置情報機能(GPS)が搭載されています。そのためお子さんが今どこで何をしているのかをGPSを使って確認できるでしょう。
<子供同士のコミュニケーションツール>
スマホがあるのとないのとでは、子供同士のコミュニケーションに影響を及ぼします。スマホがないと話に入れない…ということもあるのです。スマホの低年齢化が進んでおり、小学校高学年頃からスマホを使って連絡を取り合うのが通例となっています。
<学習用>
スマホには学習用アプリも数多くあり、移動中や家庭での学習用としても使用できます。通学途中に、英語の単語を覚える際などはスマホアプリが大活躍します。
【子供にスマホを持たせる際の注意点とは?】
子供にスマホを持たせる際の注意点をまとめてみましょう。
<Facebook、Instagramは13歳から、LINEは12歳からと年齢制限がある>
Facebook、Instagram、LINEなどのSNSツールは子供にとっても魅力的で、スマホを持ちたがる理由の1つに「SNSをしたい」というケースもあるでしょう。しかしこれらのSNSサービスには年齢制限があるのをご存知ですか?
Facebook、Instagram、TikTok、Twitterいずれも13歳以上が利用可能な年齢です。
一方、LINEは12歳以上が推奨年齢となっています。
<深夜使用禁止を徹底させること>
現在の子供はスマホでの睡眠不足が学業に影響を及ぼすと問題になりつつあります。お子さんにスマホを持たせたとしても、深夜使用は絶対に禁止するべきでしょう。寝る前にはリビングに置いて寝るなど、家庭でしっかりとしたルールを決めなければなりません。またiPhoneでは[設定]から「スクリーンタイム」で休止時間や使用時間の制限をすることもできますよ。
<アプリのインストール・課金は親が許可しよう>
スマホを購入する時に「アプリと課金は保護者が承認した場合のみ」と約束をしておくべきでしょう。小学校・中学校のお子さんでは、よく分からないうちにアプリをインストールしたり、高額課金をしてしまったりするケースもあります。”

格安スマホがほかのスマホに劣るポイントまとめ
6月 7th, 2022 · No Comments · 未分類

“海外ではすでに多くの方が利用されている格安スマホですが、国内では最近になって格安スマホの存在を知る人が増えてきました。
というのも、最近になってキャリアスマホの契約プラン、スマートフォン本体価格の引き下げが発生し、「格安スマホの影響でこのようになった」ことを多くの人が知ったからです。海外とはちがい日本国内はキャリアスマホ優勢の流れがありました。というのも、高品質なスマートフォンは高い・・・という思い込みがあったからです。
しかし今では、「Huawei、Xiaomi、OPPO、Samsung」など中華スマホ、韓国のスマホが世界的にシェアを拡大しており、その際に、海外では日本国内の半分以下の料金でスマートフォンを持てる、使える事実がどんどんと判明していったのです。
たとえば、OPPOは格安スマホの中でも特に日本国内で売れているのですが、ミドルレンジモデルのスマートフォンでも、3万円台で購入できるスマートフォンが「CPUがsnapdragon6**、RAMが4GB以上、ROMは64GB以上」という状況になっておりますので、日本国内のスマートフォンより格上のスマートフォンが、格安スマホの扱いで販売されているわけです。
この状況を放置していると、日本国内のスマートフォンブランドの人気が失墜してしまうため、最近になって三大キャリアと呼ばれる「docomo、AU、Softbank」が価格の引き下げに応じるようになってきました。
ただし、格安スマホを購入することはよいことづくめ・・・というわけではありません。以下のようなキャリアスマホよりも大きく劣っているポイントもあるので、まずはこちらを理解したうえで格安スマホを購入するか検討しましょう。
まず、格安スマホはキャリアスマホに比べて、「動作性、カメラ性能、防水・防塵の有無、バッテリー容量、おサイフケータイの有無」で劣っていることが多いです。
スマートフォンの動作性とは、たとえばゲームアプリなどを楽しむ際に動きが「カクカクする」ケースを言います。これはRAMと呼ばれるメモリサイズに余裕がないこと、多様なゲームアプリに対応していないために起きる問題です。格安スマホは、そもそもエントリーモデル、ミドルレンジモデルなど、スマートフォンを電話、動画視聴、SNSなどで利用する人に対して開発されているため、ゲーミングスマホのような動作性に問題があります。
そして、カメラ性能についても格安スマホはキャリアスマホに劣るので注意してください。というのも、スマートフォンのパーツの中で特に高いものは「CPU、カメラレンズ」とされているからです。そのため、これら2つのパーツ性能はハイエンドモデルや、キャリアスマホと比較して劣ると思ったほうがよいでしょう。
また、「防水防塵機能はないものが多い」と思ったほうがよいです。理由はカメラ性能と同じで、こちらも研究開発にお金がかかる、もしくは、防水防塵機能のある加工をほどこす際にお金がかかるからです。
バッテリー容量についても同じで、iPhoneシリーズなどでよくみられる「おサイフケータイ機能」についても無いものが多いです。
おサイフケータイ機能の補足となりますが、おサイフケータイ機能が使えない格安スマホでも、「paypay」のようなキャッシュレス決済アプリをインストールする形で、結果としておサイフケータイ機能のような支払いをすることは可能です。なので、こちらに対応していない・・・というだけで、格安スマホの購入を断念する必要はありません。

1万円を切るgalaxyシリーズ「Samsung Galaxy A21SC-42A」
6月 6th, 2022 · No Comments · 未分類

“安いスマートフォンなのに、下手をすると少しお高めのミドルレンジモデルより優秀なスペックを誇るスマートフォンが存在します。それが「Samsung Galaxy A21SC-42A」です。
Samsung Galaxy A21SC-42Aの価格は、「平均では9,000円(税込)、Yahoo!では14,603円(税込)、楽天では9,000円(税込)、Amazonでは14,355円(税込)」という驚きのプライスで販売されています。
Samsung Galaxy A21SC-42Aは安く、しかもスペックが悪くないので「良いとこどりのスマートフォン」と勘違いされることもありますが、総合的に見るとエントリーモデルらしいスペックしかありません。
そもそもSamsung Galaxy A21SC-42A最大の特徴は、「スマートフォン初心者でも簡単に動かせるシンプルさ」・・・です。多機能や高機能を売りにしているスマートフォンではないため、こちらを勘違いしないように注意してください。
Samsung Galaxy A21SC-42AのOSは、一般的なスマートフォンよりも劣る構成で・・・これはOSにも言えます。つまりSamsung Galaxy A21SC-42Aの欠点は、スペック上で動作が遅い、しかもOSの影響で動かせないアプリゲームやコンテンツが存在するところでしょう。
ただし、価格が価格なので2万円を切るスマートフォンの中では、ミドルレンジモデル並みに性能がよいのは確かです。スマートフォンの操作が得意ではない、電話連絡などガラケーに等しい使い方が目立つ、防水防塵機能ありのモデルで安いものを探していた・・・、これらに該当する人であればSamsung Galaxy A21SC-42Aとの相性は抜群です。
Samsung Galaxy A21SC-42Aの詳細スペックですが、「画面サイズが5.80インチ、重量は159g、ROMは64GB、本体サイズは149.7×70.7×8.4mm、OSはAndroid™、バッテリー容量は3,600mAh、防水・防塵機能あり(IPX68)、CPUはOcta-Core 1.6GHz,1.35GHz」となります。
見てのとおりとなりますが、Samsung Galaxy A21SC-42Aはディスプレイサイズが小さく軽い、コンパクトとシンプルさを売りにしているスマートフォンです。CPUについても、同価格帯の中華スマホに劣るため、最新ゲームや容量の大きい動画の視聴は困難かもしれません。
ただし、同価格帯のバッテリー容量と比較して、容量は1,000mAh以上も余裕があります。”SIMフリーGalaxy

5G対応スマホの「Xiaomi 12X」とは?
4月 21st, 2022 · No Comments · 未分類

“5Gでは複数のアンテナから少しずつ違ったタイミングで電波を出すことができ、これによって高い周波数を利用できるようになって高速大容量通信が可能になったのです。
その5Gに対応しているスマートフォンには多くの機種がありますが、その中の一つに「Xiaomi 12X」という5Gスマホがあり、本格的な撮影が楽しめる高性能カメラや省電力性と高い処理能力を実現した高性能CPU、ゲームなどでも滑らかな表示が出来る高精細大型ディスプレイや安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したハイスペッククラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約58000円でRAM8GB/256GBモデルが約64000円でRAM12GB/256GBモデルが約69000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約69ミリ、高さ約155ミリ、厚さ約8.1ミリ、重さ約176gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルー、パープル、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2400 x 1080でアスペクト比20:9の約6.2インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは67Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイにはGorilla Glass Victusを採用していますし、リフレッシュレートが120Hzに対応しています。
CPUはSnapdragon 870 5G SM8250-AC 3.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+マクロ撮影ができる約500万画素+超広角レンズがついた約1300万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid (MIUI 13)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「HUAWEI Mate 40E」とは?
7月 23rd, 2021 · No Comments · 未分類

“5Gはビジネスシーンでのスムーズなオンライン会議や医療分野での遠隔診療を可能にしていますので様々な分野で取り入れられています。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くの機器メーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「HUAWEI Mate 40E」という5Gスマホがあり、高い没入感も実現している高精細大型ディスプレイや長時間使用でも安心して使用できる大容量バッテリー、サクサク動く高性能CPUや誰でも簡単に綺麗な写真が撮れる高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約77000円でRAM8GB/256GBモデルが約86000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約72ミリ、高さ約158ミリ、厚さ約8.8ミリ、重さ約188gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはシルバー、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度2376×1080でアスペクト比19.8:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは40Wの急速充電に対応している4200mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはHUAWEI Kirin 990E 2.86GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.9の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約1600万画素+望遠レンズがついた約800万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1300万画素のインカメラが搭載されています。
また、レーザーオートフォーカス、デュアルトーンLEDフラッシュ、HDR、電子式手ぶれ補正、スローモーション撮影、パノラマモードなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(EMUI 11)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックや防水・防塵機能がついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”