This is where a welcome message or introduction paragraph can go. The area is fixed and will hold a maximum of 6 lines, including line breaks (<br />). I would prefer 5 lines though to avoid crowding and enable better spacing.

Cum sociis natoque penatibus et magnis dis parturient montes, nascetur ridiculus mus. Sed ante nisi, mattis eget sollicitudin quis, sagittis vitae nunc. Nullam pharetra tincidunt.

ガイドライン案の穴探しが活発化
5月 27th, 2016 · No Comments · 未分類

背景には、総務省が2月2日に公表した、「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン(案)」の抜け穴があります。有識者会議のメンバーを務めた野村総合研究所の北俊一・上席コンサルタントは、「ソフトバンクとauが大穴を見つけて、実質ゼロ円を始めたからだ」と憤るのです。ガイドライン案には「下取りは端末購入時の値引きに当たらない」とする一文が盛り込まれていました。ソフトバンクとauはこの点を突いたのです。実質ゼロ円と書かれたポスターをよく見ると、端末を2万円弱~3万円弱で下取ると明記されています。ショップ店員は「画面が割れていなければ、アイフォーン以外でも同額で買い取ります」と語っています。しかし、高額な下取りと合わせて実質ゼロ円とするのは、ガイドライン案と矛盾しないのか。北氏は「端末値引きを適正な水準に抑え、販売の実態を健全化しようとする主旨から著しく懸け離れている」と指摘します。本誌の取材に対し、ソフトバンクとKDDIは、「ガイドライン案に沿ったもので、問題ないと考えている」と回答したのです。一方のドコモは「実質ゼロ円を下回らないようにしている」と回答。実質ゼロ円を復活させているのですが、学割や家族割を合わせ、しかも2台同時契約の場合という条件です。2社とは異なり、下取りを含めたものではない。その意味でガイドライン案の穴を突いたものではなさそうです。

割賦終了後にauから乗り換えると……
5月 25th, 2016 · No Comments · 未分類

iPhone 6sの代金を2年間支払い終えた後にSIMロックを解除し、格安SIMに乗り換える場合の月額料金を比較してみましょう。以下の表は、auの月額料金と、格安SIMのDMM mobileおよび楽天モバイル(5分かけ放題オプションを契約)の月額料金を比較したものです。なお、iPhone 6sを発売日に分割で購入した場合、割賦の支払いが終わるのは2017年9月となるが、ここでは現在提供されている料金プランのデータ容量と月額料金に基づいて試算しました。割賦支払いを終えた時点でauの月2GBのプランからDMM mobileの月2GBのプランに乗り換えた場合、3年間のコストは22万5700円になります。auで使い続ける場合に比べて、4万6940円の節約になります。ただ、節約額は、iPhone購入180日後に乗り換える場合よりも4万8330円少ないです。月10GBのプランどうしの乗り換えでは、節約額が10万2150円も減ってしまいます。楽天モバイルに乗り換える場合も同様です。auの月2GBのプランから月3.1GBのプランに乗り換えて5分間通話定額オプションを契約した場合、3年間のコストは23万8540円となります。auで使い続けるより3万4100円節約できるが、すぐに乗り換える場合よりも2万9070円少なくなります。割賦支払いの終了後に乗り換えると、すぐに乗り換える場合よりも節約額はおおむね半額前後になることがわかります。
 

8000mAh~1万5000mAhの大容量バッテリー、初回セールで1100円から
2月 15th, 2016 · No Comments · 未分類

ATCジャパンは、「Lumsing」ブランドのモバイルバッテリー「Gloryシリーズ」をAmazon.co.jpで発売しました。8000mAh、1万mAh、1万5000mAhの3容量で、ブラックとホワイトの2色がラインナップされています。各モデル初回100個は8000mAhが1100円(税込、以下同)、1万mAhが1500円、1万5000mAhが2100円で販売される。通常価格は8000mAhが3100円、1万mAhが4200円、1万5000mAhは5600となっています。プレート形状の薄型モデルとなっているのが特徴です。8000mAhモデルは大きさ約123×69×16mm、重さ183g。出力用のUSBポートを2基搭載し、5V/2.4Aの出力が可能。1万mAhは大きさ約158×78×13mm、重さ240gとなっていて、。1万5000mAhモデルは約158×78×18mmで重さ333gとなっています。1万mAhと1万5000mAhのモデルはUSBポートを3基搭載し、出力は5V/3.2A。モバイルバッテリーの大容量化が進んでいます。つい最近まではスマホが2回充電できるような5000mAhが主流だったのですが、今では平気に1000mAhを超えているのですから大容量化もとどまるところを知らないといえそうですね。
 

名刺管理ツールもいろいろあり
2月 9th, 2016 · No Comments · 未分類

ビジネスマンの方ならすでに利用されていると思いますが、名刺管理ツールっていろいろあるんですね。あるネットニュースで3つのツールが紹介されていました。

1つ目はEight。名刺管理ツールでは最も有名なSansanのアプリです。このアプリの良いところは、人脈をどんどん作りたい人にはうってつけということ。Sansanの場合、ユーザーがスマホのカメラで名刺を撮影して送信すると、人の手で情報が入力され、何度も確認作業が行われることでデータの正確性がもっともメリットと言われていますが、この他にFacebookのような機能もあるんだそうです。もしメアドだけ自分で登録していると「お知り合いですか?」と表示が出てきたり、登録した相手が同じEightで管理していた場合「名刺交換リクエスト」という機能もあるとか。また、メッセージ機能、フィードバック機能などまるでSNS?という機能もあるため、人脈を広げたい人にはありがたいツールになっているんだそうです。

2つ目はCamcardと言うもので、これはEightとは違いシンプルに名刺管理だけをしたい人におすすめとのこと。一番のメリットはピントとサイズが合うだけでスマホカメラが反応、勝手に撮影してくれるそうです。しかも16の言語に対応しているそうです。

3つ目はEvernote。前の2つとちょっと意味合いが違いますが、わざわざ名刺管理ツールのみを使う必要が無いので、1つのツールでいろんな管理をしたい人におすすめだそうです。

“食べ物やオシャレ小物を撮影しよう “
2月 8th, 2016 · No Comments · 未分類

作った料理や、友達と食べたランチなどを撮影して、ブログなどにアップロードする人も多いでしょう。せっかくの料理ですから、美味しそうに写したいものです。そんな料理を撮影するときには、次のことに注意してみましょう。できるだけすぐに撮る・・。できたてで、湯気が立つ料理が美味しそうに見えるのは、写真の中でも同じです。料理ができたら、なるべくすぐに撮影するようにしましょう。なるべく近くで撮る・・。お皿全体を写真に収める必要はありません。なるべく近くに寄って、料理を大きく見せたほうが、美味しそうに見えます。「接写」や「マクロ」などのモードがある場合にはおおいに利用しましょう。自然な明るさで撮る・・。料理が明るく、鮮やかに見えたほうが、美味しそうです。ただし、料理に近づけた状態でフラッシュを使うと、影がくっきり出てしまいます。窓や照明の近くなど、自然に明るい場所で撮影するようにしましょう。趣味で集めたグッズやアクセサリーなど、お気に入りの小物をオシャレに撮影してみましょう。このとき、被写体だけにピントが合って、背景をぼかすことができれば、それはまるでプロが撮ったかのような、オシャレな写真になるのです。
スマホ デザイン

機種選択の自由度のあるAndroid端末
2月 5th, 2016 · No Comments · 未分類

iPhoneはOSから端末の製造まですべてApple社が独占で行っていますが、Android OSはGoogle社がライセンスフリーで提供していて、それを利用して各メーカーが端末を自由に作ることができるのです。そのため、iPhoneはバージョン違いの1~2種類からしか選べないのに対して、Androidでは性能が異なる多種多様な機種(例えば、Galaxy、Xperiaなど)から選択できるというメリットがあるのです。一方で、iPhoneはユーザインターフェースが統一されているので、機種変でバージョンが変わっても戸惑うことなく操作できるというメリットもあります。また、スマホケースなどアクセサリの種類もiPhoneの方が種類が豊富なのです。Androidは複数の操作ボタンがあるのが基本となっています。メーカーにもよるのですが、ホームボタンに加えて「戻る」ボタンと、「最近使ったアプリの一覧」を表示するボタンなどが左右にあって、文字入力やアプリ間の移動がしやすいというメリットがあります。一方で、iPhoneにはホームボタンのみです。そのため、Androidと比べて利便性で劣るという声がある反面、シンプルな構造ゆえ、初心者でも直感的に操作しやすいといったメリットがあります。

3年間で約100GBのデータ容量をプレゼント――ソフトバンクが「ギガ学割」を提供
2月 4th, 2016 · No Comments · 未分類

ソフトバンクが、25歳以下のユーザーと家族を対象にした「ギガ学割」を1月15日から提供します。特典として、合計約100GB(月3GB)のデータ容量プレゼントか、ホワイトプランの基本料金3年間無料を選べるのです。ソフトバンクが、25歳以下のユーザーとその家族を対象にしたキャンペーン「ギガ学割」を提供します。受付期間は1月15日から5月31日まで。価格はいずれも税込です。ギガ学割では、データ通信で利用できるデータ容量100GB(実際は3GB×36カ月の108GB、11万6640円相当)か、ホワイトプランの月額料金(1008円)が3年間無料になる特典のいずれかを選択できます。ホワイトプランを契約していない場合、後者の特典は「スマ放題」か「スマ放題ライト」の月額料金から2年間、毎月1620円が割り引かれる形となります。新規契約で指定の端末を購入すること、スマ放題、スマ放題ライト、ホワイトプランのいずれかの料金プランと指定のパケット定額サービス、S!ベーシックパックに契約することが条件だが、25歳以下のユーザーは、機種変更でも100GB増量の特典を受けられる。データ容量に不安を抱える人の救済策となればいいですね。
 スマホで良い音楽が聞きたければこちら

Alcatel Windows 10スマートフォンは2モデル、タブレット型モデルも投入
1月 24th, 2016 · No Comments · 未分類

OSにWindows 10 Mobileを採用したスマートフォンも発表しています。「Fierce XL」は5.5型ディスプレイを搭載したやや大型のWindows 10スマートフォン。プロセッサはSnapdragon 210、メモリは2GB、ストレージは16GB、カメラはアウトが約800万画素、フロントが約200万画素で、Windows 10スマートフォンとしては中位に位置するモデルとなります。北米向けに発売予定で、T-Mobile USAから発売されることが決まっているとのことです。価格は100ドル台半ばになる予定だということですから、値段的にもミッドレンジといえます。またAndroidスマートフォン・タブレットのPixiシリーズの派生モデルとして、「Alcatel Pixi 3 (8) LTE」も発表されています。こちらはOSにAndroid 5.0を採用したモデルと、Windows 10 Mobileを搭載したモデルの2種類が発売されるということです。プロセッサはSapdragon 210、ディスプレイは8型で解像度は800×1280ピクセル表示。カメラアウトが約500万画素、インが約200万画素。通信方式はLTE/3G/GSMに対応しています。
Alcatel初のWindows 10スマートフォンとなる「Fierce XL」ブルーの背面カラーはMicrosoft/NokiaのLumiaシリーズをほうふつさせています。
 

au スマホ カメラ機能
1月 22nd, 2016 · No Comments · 未分類

au スマホ カメラ重視という人たちにどのようなものがおすすめでしょうか。 
isai vivid LGV32は、一眼レフが嫉妬するスマホです。それぞれマニュアルでの撮影、データのRAW出力など、一眼レフカメラに近い使い方が出来るスマートフォンです。
例えば日中において、シャッタースピードを1/8秒程度まで遅くして撮影をすれば、街を歩く人の残像をまで撮ることができます。夜間に撮影ということであれば、1/2秒程度まで遅くすれば、道を行き交う車の光の跡なども撮影出来ます。
ホワイトバランス、露出補正、ISO感度というものも調整することが出来ます。光学式手ぶれ補正機能にも対応しています。
au スマートフォンを購入ということならば、HTC J butterfly HTV31もおすすめです。サブカメラとして、高画素となる約1,300万画素カメラを搭載し、高精細な「自撮り」が可能です。スマートフォンカメラと言えば自撮り抜きにして考えることが出来ないと言う人たちにおすすめるスマートフォンです。

シャープは「フレームレス」をもっと強く推すべき
1月 21st, 2016 · No Comments · 未分類

2015年、デザイン面で「突き抜けたな・・」と久々に感じたのが、シャープが2014年から投入している、フレームレスデザインの「AQUOS CRYSTAL」シリーズです。しかし、2015年の新機種は「AQUOS CRYSTAL 2」がソフトバンクから発売されたのみで、前年ほど盛り上がりませんでした。フレームレスデザインは手にした瞬間「おお!」と思えるほどのインパクトがあるのにもかかわらず、ソフトバンク専用にしておくのはもったいないところです。シャープのハイエンド機は「CRYSTAL」に統一して、ドコモやKDDIでも展開すれば、XperiaやGalaxy、そしてiPhoneをしのぐインパクトを与える可能性があると思います。また、iPhoneとAndroidスマホの大きな違いの1つが、販売サイクルです。iPhoneは年に1回、新機種が登場するのに対して、日本で発売されるAndroidスマホは、年に2回、夏と冬の商戦でモデルチェンジを果たすものが多いです。日本でiPhoneの牙城を崩す最も近い存在といえる「Xperia」について考えてみると。ソニーモバイルはフラッグシップモデルの投入を「年に1回」に変更したかと思いきや、ふたを開けてみれば、2015年は「Xperia Z4」(グローバル版はXperia Z3+)と「Xperia Z5」という2機種が登場しました。開発ペースは落としたくないところですが、コンセプトをしっかりと持った販売戦略が求められるところですね。。