This is where a welcome message or introduction paragraph can go. The area is fixed and will hold a maximum of 6 lines, including line breaks (<br />). I would prefer 5 lines though to avoid crowding and enable better spacing.

Cum sociis natoque penatibus et magnis dis parturient montes, nascetur ridiculus mus. Sed ante nisi, mattis eget sollicitudin quis, sagittis vitae nunc. Nullam pharetra tincidunt.

“安い防水端末が欲しいなら、arrows M02がおすすめ “
4月 20th, 2017 · No Comments · 未分類

arrows M03の前モデルであるarrows M02です。型落ちであるため、MVNOでは価格が安く販売されている場合もあります。arrows M03はフレームがメタルでしたが、こちらはそうではありません。代わりに画面が有機ELで、とても綺麗です。もちろん防水に対応しています。他にM03と異なる点は、ワンセグが付いていないこと、OSがAndroid 5.1と古いことですね。安さを重視するなら、arrows M03よりもこちらがおすすめです。CPUはarrows M03と同じものが使われているので、やはりゲームは苦手であることに注意しましょう。arrows M02は日本製の端末。そのため、日本において需要の高い機能は数多く搭載しています。防水防塵にも対応しているので、風呂場でもスマホが使えますね。ただし、後継機であるarrows M03とは違い防水性能を高める都合で、USB端子にキャップがあります。そのため普段USBケーブルを直挿しして充電するときは、少し煩わしいのが難点です。arrows M02は、日本人向けの機能が数多く搭載されているSIMフリースマホです。その代わりに、スペック自体はそれほど高くありません。これがこの端末の一番の弱点と考えられますね。例えばメモリは2GB、ストレージ容量は16GB。低いとはいいませんが、最近はメモリ3GBのスマホやストレージ容量32GBのSIMフリースマホも増えてきています。そしてCPUですが、Snapdragon 410が搭載されています。性能は低めなので、3Dグラフィックを扱うようなゲームにはあまり向いていません。ただし、動画視聴や音楽再生、ブラウザ閲覧などには全く問題ないので、ご安心ください。
http://www.samsung.com/jp/contents/guide/waterproof.html

4万円もするけれど・・
4月 12th, 2017 · No Comments · 未分類

ケーブルが無い、完全ワイヤレスのイヤフォンの話題がネットニュースに取り上げられていました。スマホで音楽を聴いている人には、イヤフォンのケーブルって気になるのでは?

今回取り上げられていたイヤフォンはアポロ7という名前のもの。「指先大のハウジングにドライバーやバッテリーなどが詰め込まれている。本体は4グラムと軽量。」とありました。写真も載っていたんですが、まぁ、形状は他のワイヤレスイヤフォンとほぼ同じような印象でした。

聴き心地ですが、シャープで高音質とのこと。そしてサイズが3つもあるので今までその大きさに苦労した人にも向いているようです。

ただこのイヤフォン。4万円もするんだそうです^^3千円とか4千円のイヤフォンでさえ躊躇する人もいるハズ^^なのに4万円は~~と思ってしまいますよね。しかし!完全ワイヤレスでここまでの高音質というのは、4万円を出しても魅力的な製品と思わせてくれるアイテムなんだそうですよ♪

auのおすすめスマホ「URBANO V03」は高画質カメラが魅力
3月 14th, 2017 · No Comments · 未分類

スマホを購入するときに重要となるのが快適に使用することやカメラの良さではないでしょうか。
そんなことを満たしているのがauのおすすめスマホである「URBANO V03」です。
このauのおすすめスマホには約1300万画素の高画質カメラと約500万画素の広角インカメラを搭載しています。
また、京セラ独自の「AINOS Engine」が付いていますので暗いところでも綺麗な写真を撮ることができます。
それに、オートHDRはメインカメラに付いていますので人の目で見たままの美しい写真が撮れますし、ディスプレイ補正機能によって屋外の眩しい場所でも画面が見やすくなっています。
こうした素晴らしいカメラを搭載しながら快適に使用できることも魅力です。
電池の消費量を抑えるエコモードや操作をアシストするオートアシスト機能も付いていますのでスマホを初めて使用する人でも快適に使用することができるでしょう。
それに、押しやすいメタルキーが付いていますし、手に馴染みやすいラウンドフォルムになっています。
安心して使用することができる防水機能や防塵機能は勿論のこと、温度耐久機能や耐振動性能も付いていますので、いつでもどこでもどなたでも快適に使用することができると思います。
快適に使用したい人はぜひ試してみてください。

生体認証を活用した出入国管理システムをオーストラリアが導入へ
3月 9th, 2017 · No Comments · 未分類

指紋や顔貌、瞳の虹彩など、人間の身体的特徴を個人認証に利用する生体認証の技術が、近年、様々な分野で実用化されてきました。オフィスなどの入退場時の本人確認に顔認証システムが導入されたり、虹彩認証によりユーザーが画面を見つめるだけでロックが解除されるスマートフォンがリリースされたりしています。また、銀行では、口座名義人の指静脈情報を事前にICキャッシュカードに登録し、ATMの認証装置で利用者の指静脈画像と照合することにより本人確認できる生体認証サービスが普及しているほか、2016年2月には、イオン銀行が、キャッシュカードの挿入や暗証番号の入力などを一切要さず、指でタッチするだけで銀行取引ができる指紋認証システムの実証実験に着手しました。生体認証は入出国管理にも活用されはじめています。オーストラリアでは、移民省(DIBP)が、9億3,700万豪ドル(約806億円)を投じ、生体認証による”パスポート不要”の自動化出入国管理システムを導入する5カ年計画「Seamless Traveller(シームレス・トラベラー)」を2015年5月に発表しました。2017年7月以降、キャンベラ国際空港などで実証実験を行ったのち、2019年3月までには、オーストラリア国内全ての国際空港に新しい出入国管理システムが導入される見込みだといいます。

VRで災害対策訓練
3月 1st, 2017 · No Comments · 未分類

KDDIが今月16日から新しい自然災害対策のための訓練ソリューションを提供しているそうです。これはVRを利用したもので、鉄道会社での訓練のためのもの。JR西日本が共同で開発をし、4月以降同会社において導入されるそうです。

この訓練では、主に震災による様々なトラブルへの対応力を高めるものと思われます。東日本大震災の際、もっとも被害を受けたのが津波でしたよね。この訓練ソリューションにおいても「想定浸水深や難誘導に関わる設備の確認や震災発生時の津波が起こる様子を現実に近い感覚で体験できる。」とのことです。

このような自然災害を予想した対策訓練のソリューションといのは日本では初めてのものだそうで、JR西日本の中でも今後地震が危惧されている南海トラフ地震での被害が想定されている地域での導入が進みそうです。

5m四方の場所があれば設置できるそうで、5m四方も広い場所ではありますが^^西日本以外の鉄道でも是非取り入れていって欲しいですね。

おすすめのドコモスマホ、あなたに合うのはどれ? | Galaxy

バーチャルリアリティが楽しめる「ARCHEER」のVRゴーグル
1月 31st, 2017 · No Comments · 未分類

バーチャルリアリティが楽しめるアイテムのVRゴーグルには様々な種類があります。
その中の一つに「ARCHEER」というメーカーのVRゴーグルが人気を集めています。
このVRゴーグルの良さはたくさんありますが、特に良いと思ったところは折り畳むことができることです。
折り畳めるVRゴーグルはあまり販売されていませんので珍しいです。
使用しないときは小さくして収納しておけますし、持ち歩くときも折り畳んで持ち運べますので邪魔になることがありません。
また、折り畳んだVRゴーグルは付属されている収納ケースに入れて持ち運べるので便利ですね。
それに、折り畳んだときの厚さが約35ミリになっていますので、カバンに入れても嵩張ることはないと思います。
通常の本体サイズは幅約175ミリ、高さ約116ミリ、厚さ約98ミリ、重さ約200gになっています。
対応するスマホのディスプレイサイズは4インチから6インチとなっており、焦点距離と視界距離を外部から調節することができます。
顔と密着する部分には肌に優しいクッションが付いていますので痛くなることはありませんし、放熱設計されていますので熱くなることもありません。
ですので、快適にバーチャルリアリティを楽しむことができるでしょう。

auのタブレット端末「Xperia Z4 SOT31」は薄型で高性能
1月 25th, 2017 · No Comments · 未分類

auのタブレット端末は色々な種類がありますが、その中の一つに「Xperia Z4 SOT31」というソニー製のタブレット端末があります。
このauのタブレット端末は厚さが6.1ミリという超薄型になっています。
ちなみにボディサイズは幅約254ミリ、高さ約167ミリ、重さ約393gになっていますので、タブレット端末としては扱いやすいサイズと言えるでしょう。
ディスプレイサイズは10.1インチになっていますので、大画面で様々なことを楽しむことができますね。
カラーバリエーションはシンプルなブラックとホワイトの2色が用意されています。
また、バッテリー容量は6000mAhもありますので長時間使用することができるでしょう。
それと、防水機能が搭載されていますので、水回りやお風呂などでも安心して使用することが可能です。
カメラは約810万画素の高性能カメラを搭載していますし、タイムシフト連写やARエフェクトなどの便利な機能も搭載していますので、色々な楽しみ方があるタブレット端末と言えますね。
それに、ステレオスピーカーが付いていますし、指紋付着防止コーティングが施されていますので快適に使用することができます。
こうしたauのタブレット端末は魅力たっぷりで楽しませてくれる最高のアイテムではないでしょうか。Galaxy | au タブレット アンドロイド

4K動画撮影の新時代に突入「Xperia Z2」
1月 8th, 2017 · No Comments · 未分類

今回は、正統進化した新定番モデル「Xperia Z2」の進化した中身について見ていきます。まず、ディスプレーは「Xperia Z」や「Xperia Z1」と較べて、サイズが5.2型と少し大型化しただけではなく、IPS方式の液晶パネルを採用したり、“Live Color LED”バックライトを採用したりと、クオリティー的なテコ入れもされているのが目を引きます。ディスプレーの明るさも室内では差がわからないのですが、屋外で使う際には「Xperia Z2」は一段明るかったり、色合いもより濃くしっかりしており鮮やかになっています。そして斜めの角度からディスプレーを見た場合、「Xperia Z」や「Xperia Z1」では傾けるごとにだんだんと画面が白飛びしていくのに対して、「Xperia Z2」はかなり角度を変えて見ても色の変化が少ない、というのもIPSパネルのおかげでしょう。機能面も進化していて、「Xperia Z2」と「Xperia Z2 Tablet」の2台(Android 4.4以降)をそろえてワンタッチするだけで、スマホからタブレットへの「スクリーンミラーリング」ができたりします。こんな少しの画面サイズの差でミラーリングする意味は?などの疑問をもつと、せっかくミラーリングした意味がなくなるのであえて突っ込まない方向でいきます。そして、なんと言っても「Xperia Z2」の大きい進化ポイントのひとつと言えるのが、4K(3840×2160ドット)動画撮影機能です。4K動画を撮れる機器はまだまだ限られているというのに、スマートフォンでそれができてしまう「Xperia Z2」って本当にすごいですよ。

UQ mobile、TCLの「IDOL4」と「SHINE LITE」を発売
1月 3rd, 2017 · No Comments · 未分類

UQコミュニケーションズが、冬商戦の新機種として、TCLコミュニケーションの「alcatel」ブランドのSIMロックフリースマートフォン「IDOL 4」を11月下旬以降、「SHINE LITE」を12月以降に発売します。2機種ともau VoLTEをサポートしています。IDOL4は、VRヘッドセットが標準で付属するスマートフォンです。撮影またはダウンロードした360度動画や、プリインストールされている「VRストア」からダウンロードしたVRゲーム、20以上のカテゴリーを集めたVR映像などのコンテンツを楽しめるようになっています。厚さ7.1mmのボディーは、両面のガラスとメタルフレームで構成されていて、右側面に備えたBOOM KEYには、カメラの起動や動画エフェクトの追加など、さまざまなショートカットを割り当てられます。オーディオ機能にもこだわり、最大出力3.6WのデュアルスピーカーとWAVES MaxxAudioによるエンハンサー技術を搭載しています。JBL製のイヤフォンも付属します。SHINE LITEは、IDOL4よりもスペックを抑え、コストパフォーマンスの高さを狙ったモデルです。両面ガラスとメタルフレームのボディーに指紋センサーを搭載するなど、高級感や使い勝手にこだわっています。カメラはアウトが1300万画素、インが500万画素。画面のどこでもタップするだけ撮影したり、Vサインを認識して撮影したりできるようになっています。

バーチャルリアリティを「SnowCinda」で体験
12月 29th, 2016 · No Comments · 未分類

今、話題になっているバーチャルリアリティは、仮想現実を体験することができます。
そのバーチャルリアリティを体験するために必要となるのがVRゴーグルです。
VRゴーグルは色々なメーカーから数多く販売されていますが、その中の一つに「SnowCinda」のVRゴーグルがあります。
このVRゴーグルは4.0インチから6.0インチまでのスマホに対応していますので、ほとんどの人のスマホに対応していると思います。
また、磁石スナップ式のデザインカバーが採用されていますので、スマホの熱を上手く放熱してくれます。
ですので、スマホが熱で壊れやすくなることもありませんし、顔が熱くなることもないでしょう。
それに、全面包囲式になっていますので、遮光性能が高くて光が漏れてしまうこともありません。
焦点距離と瞳距離を調整することができますので、近視の人でも裸眼で楽しむことができて良いですね。
スマホをセットする部分にはシリコン製の柔らかいスライダーが付いていますので、大事なスマホを傷つけることがありません。
こうしたVRゴーグルはプロフェッショナル光学レンズから作られているため、目の痛みや疲れを感じることなく安心してバーチャルリアリティを楽しむことができるでしょう。