This is where a welcome message or introduction paragraph can go. The area is fixed and will hold a maximum of 6 lines, including line breaks (<br />). I would prefer 5 lines though to avoid crowding and enable better spacing.

Cum sociis natoque penatibus et magnis dis parturient montes, nascetur ridiculus mus. Sed ante nisi, mattis eget sollicitudin quis, sagittis vitae nunc. Nullam pharetra tincidunt.

さあ8時間のドライブへ ひたすらバスを運転するだけのザ・単調ゲーム「Desert Bus」のVR版がSteamで登場
1月 16th, 2018 · No Comments · 未分類

ひたすらバスを運転するだけのVRゲーム「Desert Bus VR」がSteamにて無料配信されています。リアルタイムで8時間かかるだと…。同ゲームは1990年代に作られた、有名なコメディマジシャン「ペン&テラー」出演のゲームに収録のミニゲーム「Desert Bus」のVR版です。以前よりスマホ版が配信されていて(現在iOS版は削除されたもよう)、カルト的な人気を集めるミニゲームなのですが、その内容はまさに過酷そのものなのです。レースゲームのように速度をグングン上げて走れるわけでもなければ、難しいコーナリングに挑むわけでもありません。ただ砂漠に真っすぐある道路を目的地まで8時間かけて走るゲームとなっています。ある意味修行ですね。しかもバスは真っすぐ走れず右にズレていく仕様なので、何度も左に向けるだけのハンドル操作が要求されます。もしも道路から外れてしまった場合にはバスが停止して、同じ時間をかけてレッカー車で戻されます。なお途中のポーズは不可です。 運転中にできるのは、ラジオのオンオフと、ドアの開け閉め、あとは有り難いことにギブアップもできます。

スマホVRにリモコンが必要なわけ
1月 10th, 2018 · No Comments · 未分類

Googleカードボードにはハード的なコントローラというものがありません。そのため、ゲームなどの操作が必要なアプリを使おうとすると、なんらかのコントローラが別に必要になります。そのためエレコムは以前からVR環境向けにJC-VRR01BK(ブラックモデル)というBluetoothコントローラを販売していました。そして、10月末に発売されたのが「JC-VRR02VBK」です。これはAR/VRに対応するモーションセンサー搭載のBluetoothコントローラで、9軸のモーションセンサーが持った手の動きを伝え、その動きをゲーム内の手の動きとして認識し、ゲームプレイを可能にしています。コントローラは最大2台を使用できるので、両手でコントローラを持って、両手の動きを反映してゲームをすることができます。ボディはコンパクトで軽く女性でも扱いやすそうです。前面、上部、側面と多くのコントローラボタンを持っていて、前方のトリガー、カーソルなどはシューティングゲームを制御するのに便利そうです。
vr

ツァイ・ミンリャン監督、VR映画に初挑戦 ベネチア映画祭で高評価/台湾
12月 24th, 2017 · No Comments · 未分類

ツァイ・ミンリャン(蔡明亮)監督が初めてVR(仮想現実)技術を用いて製作した作品「家在蘭若寺」が、イタリアで開催中の「第74 回ベネチア国際映画祭」で、VR作品を対象としたコンペティション部門にノミネートされています。同作は海外の映画評論家から高い評価を得ているのです。ツァイ監督によると、同作品は同映画祭のディレクターを務めたマルコ・ミュラー氏の声掛けを受けて作られたということです。話を聞いて興味を持ったものの、関わってみると頭を悩ませることが多く、すぐに諦めたくなったということです。当初はVRの画質は超現実的で、自身が思い描く美しさが表現できなかったと語るツァイ監督です。後に技術的な問題は克服されたものの、投資者が出資を引き上げるなどのトラブルも発生しました。最後にはスマートフォン大手のHTCの出資を得ることができ、完成にこぎ着けたということです。今後もVR作品を撮影するか尋ねられるとツァイ監督は「資金と創作のスペースを下さい。それから(台湾人俳優の)リー・カンション(李康生)も」と語っていました。
スマートウォッチ

フォードの新VRアプリ、運転中スマホの危険を体験…9割に効果
12月 9th, 2017 · No Comments · 未分類

フォードモーターは10月9日、新たなVR(仮想現実)アプリ、「フォード・リアリティ・チェック」を開発した、と発表しました。このアプリは、スタジオ・ハッピー・フィニッシュと共同開発。若いドライバーの運転中のスマホ操作が、どのような結果を招くか、実際に体験できるというものです。最新の欧州委員会のデータによると、毎年欧州では3600人以上の若者が交通事故で死亡。その3分の2がドライバー。フォード・リアリティ・チェックの狙いは、若いドライバーの安全運転を支援することです。フォード・リアリティ・チェックでは、グーグルのVRソフトウェア、「Daydream」を使用。VRヘッドセットを装着して、運転中の通話やメールなどを体験しました。それにより事故を引き起こし、その重大な結果の責任を問われ、裁判を受けるという内容です。フォードモーターは、「このアプリを使用した人の9割が、運転行動を変えると答えた」とコメントしています。
galaxymobile.jp

ツァイ・ミンリャン監督、VR映画に初挑戦 ベネチア映画祭で高評価/台湾
11月 14th, 2017 · No Comments · 未分類

ツァイ・ミンリャン(蔡明亮)監督が初めてVR(仮想現実)技術を用いて製作した作品「家在蘭若寺」が、イタリアで開催中の「第74 回ベネチア国際映画祭」で、VR作品を対象としたコンペティション部門にノミネートされています。同作は海外の映画評論家から高い評価を得ているのです。ツァイ監督によると、同作品は同映画祭のディレクターを務めたマルコ・ミュラー氏の声掛けを受けて作られたということです。話を聞いて興味を持ったものの、関わってみると頭を悩ませることが多く、すぐに諦めたくなったということです。当初はVRの画質は超現実的で、自身が思い描く美しさが表現できなかったと語るツァイ監督です。後に技術的な問題は克服されたものの、投資者が出資を引き上げるなどのトラブルも発生しました。最後にはスマートフォン大手のHTCの出資を得ることができ、完成にこぎ着けたということです。今後もVR作品を撮影するか尋ねられるとツァイ監督は「資金と創作のスペースを下さい。それから(台湾人俳優の)リー・カンション(李康生)も」と語っていました。

ジェスチャー操作にも対応!スマホVRゴーグル「BotsNew VR」
11月 7th, 2017 · No Comments · 未分類

スマートフォン向け製品でも数少ない“ハンドコントローラー”によるジェスチャー操作が可能なVRゴーグル「BotsNew VR」、専用アプリとの組み合わせによるVR体験はいかほどでしょうか。今回紹介するのは、指定の各種スマートフォン(以下スマホ)に対応した「BotsNew VR」。本製品は、全国の量販店で発売されており、価格は9250円です。BotsNew VR最大の特徴は、指で挟み込んで使用する「ハンドコントローラー」の存在です。通常のスマホVRでは、視点移動、タップなどが主な操作方法なのですが、本製品ではハンドコントローラー「ボッツニューコントローラー」を使用することでより直感的な操作を可能としているのです。ただし、ボッツニューコントローラーはBotsNew VR専用アプリでしか動作しないことに注意が必要です。専用アプリには、本格シューティングやダイビング、リアルなジェットコースターを体験できるゲームなど全5タイトルが用意されています。
Galaxy Studio | Events

“ウェアラベル2 “
10月 31st, 2017 · No Comments · 未分類

私達が今現在使っている、スマートフォンやコンピュータを使ったインターネットは今現在この瞬間にパソコンを使ってインターネット回線につないでいるという感覚がどこかにあると思います。ウェアラブルを用いるとこのインターネット感覚がより私たちの生活に深く浸透することになるになりインターネットに接続しているやコンピュータを使っているといった意識をあまりすることなく、普段の生活の中で感覚的に情報のやり取りが行われることが可能になります。膨大なデータを利用し、ユーザーの生活スタイルに合った、本当に必要な情報を取り出すことができます、例えば健康管理1日の睡眠、歩数、運動量、消費カロリー等を測定し、睡眠のリズムや質、活動量を把握できるので、生活習慣改善やダイエットに最適だと思います、より細かに健康管理をしたい場合は血圧や心拍数を計測できる高機能なウェアラベル製品を使うと良い思います、しかしその場合は製品の値段が少し高価になります。Gear VR | ウェアラブル

ウェアラブル端末の「MONOLIME」とは?
7月 30th, 2017 · No Comments · 未分類

ウェアラブル端末には日々の健康管理ができるスマートウォッチやスマートブレスレットなどもあり、健康に気にかけている人などがたくさん使用しています。
そのスマートウォッチの一つに「MONOLIME」から発売されているものが人気を集めています。
このウェアラブル端末は多彩な機能を搭載しており、時計アラーム機能、歩数計測、睡眠計測、心拍計測、通知機能、座りがちアラート機能などです。
歩数や消費カロリーを知ることでダイエットにも役立ちますし、健康管理も同時にできるからすごく便利だと思います。
通知機能はスマートフォンなどへきた電話の着信やSNSなどのメッセージをバイブレーション機能とアイコン表示で知らせてくれます。
ですから、すぐに対応できて連絡遅れがなくなるから良いですね。
また、人間にとって重要で欠かせないのが睡眠ですが、その睡眠の状態を計測して視覚的に判断できますので睡眠の改善にも役立つと思います。
それに、雨の日やプール、シャワーなどでも安心な防水機能が付いています。
このようなウェアラブル端末には有機ELディスプレイが搭載されていますので見やすいですし、重さが約17.8gしかありませんので装着しながら運動しても疲れにくくて良いと思います。

“ソニー製で一番のおすすめは、バランス型の「SR-UY2A」 “
6月 30th, 2017 · No Comments · 未分類

「SR-UY2A」シリーズは、下位モデル「SR-UYA」よりも転送速度がアップした後継モデル。読み出し速度は70MB/秒。SR-UYAが40MB/秒なので、約1.8倍スピードアップしています。容量は128GBから8GBまでラインナップ豊富。アマゾンで売れているのは、128GBモデル(SR-128UY2A)と64GBモデル(SR-64UY2A)。「SR-UXA」シリーズは、転送スピードの速さが売りの「超高速マイクロSDカード」。読み出し速度95MB/秒・書き込み速度50MB/秒。UHS-Iクラス3(U3)対応なので、「4K動画撮影」に適したモデルです。ソニー製アクションカムやXPERIAスマートフォンの4K撮影にピッタリ。64GB、32GB、16GBをラインナップ。2016年に新発売された「SR-UX2A」シリーズは、ソニー製マイクロSDカード史上最高スピードの転送速度を誇る「最上位モデル」です。読み出し速度95MB/秒・書き込み速度70MB/秒。読み出し速度は下位モデル「SR-UXA」と同じですが、書き込み速度70MB/秒は「SR-UXA」の50MB/秒を上回っています。UHS-Iクラス3(U3)対応なので、「4K動画撮影」に適したモデルです。「ソニーで一番速いマイクロSDカードがほしい」という方は、「SR-UX2A」シリーズがおすすめ。コストパフォーマンスの高さで選ぶなら、書き込み50MB/秒の「SR-UXA」シリーズが安くてオススメです。

Adonit(アドニット) Jot Pro2.0
6月 7th, 2017 · No Comments · 未分類

ボールペンのような書き心地を実現!まるでボールペンで書いているかのような書き心地が特徴です。iPad、iPhone、Androidなど多くのタッチパネル機器に対応しています。携帯用クリップは流線型デザインを採用して、デザインと携帯性を両立させました。ペン先に透明なディスクを付けることでタッチ感度を高めて自分の書きたいところに書けるので、高精度な作業をしたい人に特にオススメです。ディスプレイに筆記しているにもかかわらず紙にペンで書いている筆感を感じることができるため、デジタル作業に慣れていない人もストレスなく使用できます。ぱっと見たときに他のスタイラスペンにないペン先の形状は使いかたが難しいのでは? と思うかもしれませんが、実際は慣れるとこれほど自分の思う通りのラインをかける商品はないと驚くはずです。「携帯ショップで業務用に使用しています。後継製品と言う事で購入。価格は従来の3割り増しですが、書きやすさが圧倒的に向上しています。厚みのある保護フィルムとも相性がいいのか、従来製品はどちらかと言うと擦るようなイメージでしたが、こっちは0.7mmボールペンで書いてる感じが出て良いですね」「最近のスマホに採用されている静電容量式のタッチパネル向けのスタイラスと言えば先がでかくてゴワゴワしていたりなんだかグネグネしたりと全くいいイメージはありませんが、こちらはペンそのものに高級感が漂う上にペン先が見やすく、非常に使いやすいです。」という好評な口コミが多数です。