This is where a welcome message or introduction paragraph can go. The area is fixed and will hold a maximum of 6 lines, including line breaks (<br />). I would prefer 5 lines though to avoid crowding and enable better spacing.

Cum sociis natoque penatibus et magnis dis parturient montes, nascetur ridiculus mus. Sed ante nisi, mattis eget sollicitudin quis, sagittis vitae nunc. Nullam pharetra tincidunt.

ツァイ・ミンリャン監督、VR映画に初挑戦 ベネチア映画祭で高評価/台湾
11月 14th, 2017 · No Comments · 未分類

ツァイ・ミンリャン(蔡明亮)監督が初めてVR(仮想現実)技術を用いて製作した作品「家在蘭若寺」が、イタリアで開催中の「第74 回ベネチア国際映画祭」で、VR作品を対象としたコンペティション部門にノミネートされています。同作は海外の映画評論家から高い評価を得ているのです。ツァイ監督によると、同作品は同映画祭のディレクターを務めたマルコ・ミュラー氏の声掛けを受けて作られたということです。話を聞いて興味を持ったものの、関わってみると頭を悩ませることが多く、すぐに諦めたくなったということです。当初はVRの画質は超現実的で、自身が思い描く美しさが表現できなかったと語るツァイ監督です。後に技術的な問題は克服されたものの、投資者が出資を引き上げるなどのトラブルも発生しました。最後にはスマートフォン大手のHTCの出資を得ることができ、完成にこぎ着けたということです。今後もVR作品を撮影するか尋ねられるとツァイ監督は「資金と創作のスペースを下さい。それから(台湾人俳優の)リー・カンション(李康生)も」と語っていました。

ジェスチャー操作にも対応!スマホVRゴーグル「BotsNew VR」
11月 7th, 2017 · No Comments · 未分類

スマートフォン向け製品でも数少ない“ハンドコントローラー”によるジェスチャー操作が可能なVRゴーグル「BotsNew VR」、専用アプリとの組み合わせによるVR体験はいかほどでしょうか。今回紹介するのは、指定の各種スマートフォン(以下スマホ)に対応した「BotsNew VR」。本製品は、全国の量販店で発売されており、価格は9250円です。BotsNew VR最大の特徴は、指で挟み込んで使用する「ハンドコントローラー」の存在です。通常のスマホVRでは、視点移動、タップなどが主な操作方法なのですが、本製品ではハンドコントローラー「ボッツニューコントローラー」を使用することでより直感的な操作を可能としているのです。ただし、ボッツニューコントローラーはBotsNew VR専用アプリでしか動作しないことに注意が必要です。専用アプリには、本格シューティングやダイビング、リアルなジェットコースターを体験できるゲームなど全5タイトルが用意されています。
Galaxy Studio | Events

“ウェアラベル2 “
10月 31st, 2017 · No Comments · 未分類

私達が今現在使っている、スマートフォンやコンピュータを使ったインターネットは今現在この瞬間にパソコンを使ってインターネット回線につないでいるという感覚がどこかにあると思います。ウェアラブルを用いるとこのインターネット感覚がより私たちの生活に深く浸透することになるになりインターネットに接続しているやコンピュータを使っているといった意識をあまりすることなく、普段の生活の中で感覚的に情報のやり取りが行われることが可能になります。膨大なデータを利用し、ユーザーの生活スタイルに合った、本当に必要な情報を取り出すことができます、例えば健康管理1日の睡眠、歩数、運動量、消費カロリー等を測定し、睡眠のリズムや質、活動量を把握できるので、生活習慣改善やダイエットに最適だと思います、より細かに健康管理をしたい場合は血圧や心拍数を計測できる高機能なウェアラベル製品を使うと良い思います、しかしその場合は製品の値段が少し高価になります。Gear VR | ウェアラブル

ウェアラブル端末の「MONOLIME」とは?
7月 30th, 2017 · No Comments · 未分類

ウェアラブル端末には日々の健康管理ができるスマートウォッチやスマートブレスレットなどもあり、健康に気にかけている人などがたくさん使用しています。
そのスマートウォッチの一つに「MONOLIME」から発売されているものが人気を集めています。
このウェアラブル端末は多彩な機能を搭載しており、時計アラーム機能、歩数計測、睡眠計測、心拍計測、通知機能、座りがちアラート機能などです。
歩数や消費カロリーを知ることでダイエットにも役立ちますし、健康管理も同時にできるからすごく便利だと思います。
通知機能はスマートフォンなどへきた電話の着信やSNSなどのメッセージをバイブレーション機能とアイコン表示で知らせてくれます。
ですから、すぐに対応できて連絡遅れがなくなるから良いですね。
また、人間にとって重要で欠かせないのが睡眠ですが、その睡眠の状態を計測して視覚的に判断できますので睡眠の改善にも役立つと思います。
それに、雨の日やプール、シャワーなどでも安心な防水機能が付いています。
このようなウェアラブル端末には有機ELディスプレイが搭載されていますので見やすいですし、重さが約17.8gしかありませんので装着しながら運動しても疲れにくくて良いと思います。

“ソニー製で一番のおすすめは、バランス型の「SR-UY2A」 “
6月 30th, 2017 · No Comments · 未分類

「SR-UY2A」シリーズは、下位モデル「SR-UYA」よりも転送速度がアップした後継モデル。読み出し速度は70MB/秒。SR-UYAが40MB/秒なので、約1.8倍スピードアップしています。容量は128GBから8GBまでラインナップ豊富。アマゾンで売れているのは、128GBモデル(SR-128UY2A)と64GBモデル(SR-64UY2A)。「SR-UXA」シリーズは、転送スピードの速さが売りの「超高速マイクロSDカード」。読み出し速度95MB/秒・書き込み速度50MB/秒。UHS-Iクラス3(U3)対応なので、「4K動画撮影」に適したモデルです。ソニー製アクションカムやXPERIAスマートフォンの4K撮影にピッタリ。64GB、32GB、16GBをラインナップ。2016年に新発売された「SR-UX2A」シリーズは、ソニー製マイクロSDカード史上最高スピードの転送速度を誇る「最上位モデル」です。読み出し速度95MB/秒・書き込み速度70MB/秒。読み出し速度は下位モデル「SR-UXA」と同じですが、書き込み速度70MB/秒は「SR-UXA」の50MB/秒を上回っています。UHS-Iクラス3(U3)対応なので、「4K動画撮影」に適したモデルです。「ソニーで一番速いマイクロSDカードがほしい」という方は、「SR-UX2A」シリーズがおすすめ。コストパフォーマンスの高さで選ぶなら、書き込み50MB/秒の「SR-UXA」シリーズが安くてオススメです。

Adonit(アドニット) Jot Pro2.0
6月 7th, 2017 · No Comments · 未分類

ボールペンのような書き心地を実現!まるでボールペンで書いているかのような書き心地が特徴です。iPad、iPhone、Androidなど多くのタッチパネル機器に対応しています。携帯用クリップは流線型デザインを採用して、デザインと携帯性を両立させました。ペン先に透明なディスクを付けることでタッチ感度を高めて自分の書きたいところに書けるので、高精度な作業をしたい人に特にオススメです。ディスプレイに筆記しているにもかかわらず紙にペンで書いている筆感を感じることができるため、デジタル作業に慣れていない人もストレスなく使用できます。ぱっと見たときに他のスタイラスペンにないペン先の形状は使いかたが難しいのでは? と思うかもしれませんが、実際は慣れるとこれほど自分の思う通りのラインをかける商品はないと驚くはずです。「携帯ショップで業務用に使用しています。後継製品と言う事で購入。価格は従来の3割り増しですが、書きやすさが圧倒的に向上しています。厚みのある保護フィルムとも相性がいいのか、従来製品はどちらかと言うと擦るようなイメージでしたが、こっちは0.7mmボールペンで書いてる感じが出て良いですね」「最近のスマホに採用されている静電容量式のタッチパネル向けのスタイラスと言えば先がでかくてゴワゴワしていたりなんだかグネグネしたりと全くいいイメージはありませんが、こちらはペンそのものに高級感が漂う上にペン先が見やすく、非常に使いやすいです。」という好評な口コミが多数です。

向かう所敵なし!?音まで完璧になった『isai Beat LGV34』
5月 26th, 2017 · No Comments · 未分類

まず最初にご紹介したいのは、“音”です。B&O PLAYという、デンマークのオーディオブランドとのコラボスマホとなります。率直な感想は、とにかくクリアー!この一言がイチバンぴったりだと思います。音の隅々まで聞こえるので、今まで聴いていた音楽もより近くで聴いている気分に浸れます。クリアーな音の秘密は「Quad DAC」チップを搭載しているからなんです。 これをオンにするだけでひとつ上の音になる感じがします。というのも、イヤホンなどのオーディオデバイスを接続すると、オーディオデバイスに合った最適な音質に自動でスマホが調整してくれます。さらに、自分で75段階というほかではなかなかできないくらいの細かい音量調整や、左右のバランスなんかも調整できるので、イヤホンを接続するだけで、あらかじめ設定しておいた音質で音を楽しむことができちゃいます。ちなみにいつも音楽を聴いている私の環境ですが、インナーイヤー型(ハイレゾ対応)で、いつも聴いている音楽はハイレゾではありません。音量調整はというと通勤の時は音は大きめで、仕事中は小さめの音で聴きます。ほかのスマホやPCを使って、小さめの音で聴いている場合は音が全体的にモヤッと聴こえていましたが、isai Beatで聴いている時は小さいながらすべての音がひとつひとつクリアーに聴こえるんです。音楽ももちろんですが、私がよく聴く落語も扇子の叩く音なんかもその場に居るようなリアルな音で聞こえるんです。寄席に行けない時でも落語ロスにならずにすみそうだなぁと感じています。音は好みがわかれると思いますが、変に低音や高音が目立ってなくてフラットなのにひとつひとつの音がちゃんと生きている印象を受けました。
スマホで良い音楽が聞きたければこちら

最新スマートフォン「S1」はスリムだから女性でも扱いやすい
5月 25th, 2017 · No Comments · 未分類

スマートフォンは現代ではなくてはならないアイテムになっています。
早い家庭では小学生の高学年や中学生から持たせていることもあります。
そんな幅広い年齢層で使用されているスマートフォンに「S1」という最新スマートフォンがあります。
この最新スマートフォンの最大の特徴と言えるのがスリムということです。
ボディサイズは幅約69ミリ、高さ約143ミリ、厚さ約8ミリ、重さは約134gになっています。
これだけスリムなコンパクトサイズでしたら子供や女性でも扱いやすいですし、ポケットに入れて持ち歩くこともできますね。
外出するときに常にスマートフォンを持ち歩く人は疲れにくいので良いと思いますし、手が小さい人でも片手で操作できるから便利だと思います。
また、バッテリー容量が2,530mAhもありますので電池切れの不安なんて感じませんし、ディスプレイサイズが5インチという大型ディスプレイになっていますので動画やネット閲覧などを長時間楽しむこともできます。
カメラは約1,310万画素の高性能メインカメラと約800万画素のサブカメラを搭載していますので、どなたでも美しい写真が撮れると思います。
このようなスリムで高性能な最新スマートフォンを試しに使ってみるのも良いと思います。

低音強化、Spotify対応のパナソニック薄型オーディオ。5枚CD録音チェンジャー
5月 1st, 2017 · No Comments · 未分類

パナソニックは、CDやラジオ、スマートフォンなどの音楽を再生でき、音楽ストリーミングサービスの「Spotify」や「サウンドジャンプリンク」にも対応する薄型オーディオシステム「SC-HC1000」を5月19日より発売します。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は32,000円前後となる予定です。カラーはブラック(-K)とシルバー(-S)の2種類です。CDやネットワークオーディオ機能などを統合したオーディオシステムです。薄型のボディに、長さ225mmの曲線状ポートを採用したほか、スピーカー容積の効率化やマグネットの強化を行なっていて、自然で豊かな低音再生を実現しています。薄さを生かした設置性の高さやインテリアとしてのデザイン性もアピールしているのです。本体中央にCDプレーヤーを内蔵し、好きなCDを5枚まで本体メモリに録音する「デジタル5チェンジャー」も搭載しています。本体上部の5つのボタンを選ぶだけで、録音したCDアルバムを再生できるのです。録音方式はWAV(HQ1-CD)とMP3(MULTI-CD)。内蔵メモリは4GBのため、5枚までのCDをそのままの音質(WAV)で録音できます。EthernetとIEEE 802.11a/b/g/n無線LANも搭載し、ネットワークオーディオとして動作します。

エキサイトモバイル、オンキヨーのハイレゾスマホ「GRANBEAT」販売
4月 29th, 2017 · No Comments · 未分類

エキサイトは、オンキヨー&パイオニアイノベーションズ製のハイレゾ対応スマートフォン「GRANBEAT」を、MVNOサービス「エキサイトモバイル」にて3月27日から販売開始しました。一括払いの価格は84,800円で、3~24回の分割払いも選べるとのことです。GRANBEAT(DP-CMX1)はオンキヨーブランド初のSIMフリースマートフォンで、ハイレゾ再生に対応し、フルバランス駆動回路とバランス出力端子を採用しています。側面にロータリーエンコーダ式のボリュームダイヤルや再生操作用のボタンを備えるなど、音楽再生に特化した設計が特徴です。OSはAndroid 6.0となります。MVNOサービスでは、楽天モバイルが2月の発売時から販売しているのですが、新たにエキサイトモバイルでも取り扱いを開始したのです。5.0型/1,920×1,080ドットのフルHD IPS液晶を採用。背面に1,600万画素のカメラを備え、4K動画撮影にも対応する。前面にも800万画素のカメラを備えています。内蔵ストレージは128GB。microSDカードスロットも備え、最大256GBのmicroSD(SDXC)が利用可能で、バッテリ容量は3,000mAhです。