This is where a welcome message or introduction paragraph can go. The area is fixed and will hold a maximum of 6 lines, including line breaks (<br />). I would prefer 5 lines though to avoid crowding and enable better spacing.

Cum sociis natoque penatibus et magnis dis parturient montes, nascetur ridiculus mus. Sed ante nisi, mattis eget sollicitudin quis, sagittis vitae nunc. Nullam pharetra tincidunt.

Archive for 1月, 2017

バーチャルリアリティが楽しめる「ARCHEER」のVRゴーグル
1月 31st, 2017 · No Comments · 未分類

バーチャルリアリティが楽しめるアイテムのVRゴーグルには様々な種類があります。
その中の一つに「ARCHEER」というメーカーのVRゴーグルが人気を集めています。
このVRゴーグルの良さはたくさんありますが、特に良いと思ったところは折り畳むことができることです。
折り畳めるVRゴーグルはあまり販売されていませんので珍しいです。
使用しないときは小さくして収納しておけますし、持ち歩くときも折り畳んで持ち運べますので邪魔になることがありません。
また、折り畳んだVRゴーグルは付属されている収納ケースに入れて持ち運べるので便利ですね。
それに、折り畳んだときの厚さが約35ミリになっていますので、カバンに入れても嵩張ることはないと思います。
通常の本体サイズは幅約175ミリ、高さ約116ミリ、厚さ約98ミリ、重さ約200gになっています。
対応するスマホのディスプレイサイズは4インチから6インチとなっており、焦点距離と視界距離を外部から調節することができます。
顔と密着する部分には肌に優しいクッションが付いていますので痛くなることはありませんし、放熱設計されていますので熱くなることもありません。
ですので、快適にバーチャルリアリティを楽しむことができるでしょう。

auのタブレット端末「Xperia Z4 SOT31」は薄型で高性能
1月 25th, 2017 · No Comments · 未分類

auのタブレット端末は色々な種類がありますが、その中の一つに「Xperia Z4 SOT31」というソニー製のタブレット端末があります。
このauのタブレット端末は厚さが6.1ミリという超薄型になっています。
ちなみにボディサイズは幅約254ミリ、高さ約167ミリ、重さ約393gになっていますので、タブレット端末としては扱いやすいサイズと言えるでしょう。
ディスプレイサイズは10.1インチになっていますので、大画面で様々なことを楽しむことができますね。
カラーバリエーションはシンプルなブラックとホワイトの2色が用意されています。
また、バッテリー容量は6000mAhもありますので長時間使用することができるでしょう。
それと、防水機能が搭載されていますので、水回りやお風呂などでも安心して使用することが可能です。
カメラは約810万画素の高性能カメラを搭載していますし、タイムシフト連写やARエフェクトなどの便利な機能も搭載していますので、色々な楽しみ方があるタブレット端末と言えますね。
それに、ステレオスピーカーが付いていますし、指紋付着防止コーティングが施されていますので快適に使用することができます。
こうしたauのタブレット端末は魅力たっぷりで楽しませてくれる最高のアイテムではないでしょうか。Galaxy | au タブレット アンドロイド

4K動画撮影の新時代に突入「Xperia Z2」
1月 8th, 2017 · No Comments · 未分類

今回は、正統進化した新定番モデル「Xperia Z2」の進化した中身について見ていきます。まず、ディスプレーは「Xperia Z」や「Xperia Z1」と較べて、サイズが5.2型と少し大型化しただけではなく、IPS方式の液晶パネルを採用したり、“Live Color LED”バックライトを採用したりと、クオリティー的なテコ入れもされているのが目を引きます。ディスプレーの明るさも室内では差がわからないのですが、屋外で使う際には「Xperia Z2」は一段明るかったり、色合いもより濃くしっかりしており鮮やかになっています。そして斜めの角度からディスプレーを見た場合、「Xperia Z」や「Xperia Z1」では傾けるごとにだんだんと画面が白飛びしていくのに対して、「Xperia Z2」はかなり角度を変えて見ても色の変化が少ない、というのもIPSパネルのおかげでしょう。機能面も進化していて、「Xperia Z2」と「Xperia Z2 Tablet」の2台(Android 4.4以降)をそろえてワンタッチするだけで、スマホからタブレットへの「スクリーンミラーリング」ができたりします。こんな少しの画面サイズの差でミラーリングする意味は?などの疑問をもつと、せっかくミラーリングした意味がなくなるのであえて突っ込まない方向でいきます。そして、なんと言っても「Xperia Z2」の大きい進化ポイントのひとつと言えるのが、4K(3840×2160ドット)動画撮影機能です。4K動画を撮れる機器はまだまだ限られているというのに、スマートフォンでそれができてしまう「Xperia Z2」って本当にすごいですよ。

UQ mobile、TCLの「IDOL4」と「SHINE LITE」を発売
1月 3rd, 2017 · No Comments · 未分類

UQコミュニケーションズが、冬商戦の新機種として、TCLコミュニケーションの「alcatel」ブランドのSIMロックフリースマートフォン「IDOL 4」を11月下旬以降、「SHINE LITE」を12月以降に発売します。2機種ともau VoLTEをサポートしています。IDOL4は、VRヘッドセットが標準で付属するスマートフォンです。撮影またはダウンロードした360度動画や、プリインストールされている「VRストア」からダウンロードしたVRゲーム、20以上のカテゴリーを集めたVR映像などのコンテンツを楽しめるようになっています。厚さ7.1mmのボディーは、両面のガラスとメタルフレームで構成されていて、右側面に備えたBOOM KEYには、カメラの起動や動画エフェクトの追加など、さまざまなショートカットを割り当てられます。オーディオ機能にもこだわり、最大出力3.6WのデュアルスピーカーとWAVES MaxxAudioによるエンハンサー技術を搭載しています。JBL製のイヤフォンも付属します。SHINE LITEは、IDOL4よりもスペックを抑え、コストパフォーマンスの高さを狙ったモデルです。両面ガラスとメタルフレームのボディーに指紋センサーを搭載するなど、高級感や使い勝手にこだわっています。カメラはアウトが1300万画素、インが500万画素。画面のどこでもタップするだけ撮影したり、Vサインを認識して撮影したりできるようになっています。