This is where a welcome message or introduction paragraph can go. The area is fixed and will hold a maximum of 6 lines, including line breaks (<br />). I would prefer 5 lines though to avoid crowding and enable better spacing.

Cum sociis natoque penatibus et magnis dis parturient montes, nascetur ridiculus mus. Sed ante nisi, mattis eget sollicitudin quis, sagittis vitae nunc. Nullam pharetra tincidunt.

Archive for 4月, 2017

エキサイトモバイル、オンキヨーのハイレゾスマホ「GRANBEAT」販売
4月 29th, 2017 · No Comments · 未分類

エキサイトは、オンキヨー&パイオニアイノベーションズ製のハイレゾ対応スマートフォン「GRANBEAT」を、MVNOサービス「エキサイトモバイル」にて3月27日から販売開始しました。一括払いの価格は84,800円で、3~24回の分割払いも選べるとのことです。GRANBEAT(DP-CMX1)はオンキヨーブランド初のSIMフリースマートフォンで、ハイレゾ再生に対応し、フルバランス駆動回路とバランス出力端子を採用しています。側面にロータリーエンコーダ式のボリュームダイヤルや再生操作用のボタンを備えるなど、音楽再生に特化した設計が特徴です。OSはAndroid 6.0となります。MVNOサービスでは、楽天モバイルが2月の発売時から販売しているのですが、新たにエキサイトモバイルでも取り扱いを開始したのです。5.0型/1,920×1,080ドットのフルHD IPS液晶を採用。背面に1,600万画素のカメラを備え、4K動画撮影にも対応する。前面にも800万画素のカメラを備えています。内蔵ストレージは128GB。microSDカードスロットも備え、最大256GBのmicroSD(SDXC)が利用可能で、バッテリ容量は3,000mAhです。

“安い防水端末が欲しいなら、arrows M02がおすすめ “
4月 20th, 2017 · No Comments · 未分類

arrows M03の前モデルであるarrows M02です。型落ちであるため、MVNOでは価格が安く販売されている場合もあります。arrows M03はフレームがメタルでしたが、こちらはそうではありません。代わりに画面が有機ELで、とても綺麗です。もちろん防水に対応しています。他にM03と異なる点は、ワンセグが付いていないこと、OSがAndroid 5.1と古いことですね。安さを重視するなら、arrows M03よりもこちらがおすすめです。CPUはarrows M03と同じものが使われているので、やはりゲームは苦手であることに注意しましょう。arrows M02は日本製の端末。そのため、日本において需要の高い機能は数多く搭載しています。防水防塵にも対応しているので、風呂場でもスマホが使えますね。ただし、後継機であるarrows M03とは違い防水性能を高める都合で、USB端子にキャップがあります。そのため普段USBケーブルを直挿しして充電するときは、少し煩わしいのが難点です。arrows M02は、日本人向けの機能が数多く搭載されているSIMフリースマホです。その代わりに、スペック自体はそれほど高くありません。これがこの端末の一番の弱点と考えられますね。例えばメモリは2GB、ストレージ容量は16GB。低いとはいいませんが、最近はメモリ3GBのスマホやストレージ容量32GBのSIMフリースマホも増えてきています。そしてCPUですが、Snapdragon 410が搭載されています。性能は低めなので、3Dグラフィックを扱うようなゲームにはあまり向いていません。ただし、動画視聴や音楽再生、ブラウザ閲覧などには全く問題ないので、ご安心ください。
http://www.samsung.com/jp/contents/guide/waterproof.html

4万円もするけれど・・
4月 12th, 2017 · No Comments · 未分類

ケーブルが無い、完全ワイヤレスのイヤフォンの話題がネットニュースに取り上げられていました。スマホで音楽を聴いている人には、イヤフォンのケーブルって気になるのでは?

今回取り上げられていたイヤフォンはアポロ7という名前のもの。「指先大のハウジングにドライバーやバッテリーなどが詰め込まれている。本体は4グラムと軽量。」とありました。写真も載っていたんですが、まぁ、形状は他のワイヤレスイヤフォンとほぼ同じような印象でした。

聴き心地ですが、シャープで高音質とのこと。そしてサイズが3つもあるので今までその大きさに苦労した人にも向いているようです。

ただこのイヤフォン。4万円もするんだそうです^^3千円とか4千円のイヤフォンでさえ躊躇する人もいるハズ^^なのに4万円は~~と思ってしまいますよね。しかし!完全ワイヤレスでここまでの高音質というのは、4万円を出しても魅力的な製品と思わせてくれるアイテムなんだそうですよ♪