This is where a welcome message or introduction paragraph can go. The area is fixed and will hold a maximum of 6 lines, including line breaks (<br />). I would prefer 5 lines though to avoid crowding and enable better spacing.

Cum sociis natoque penatibus et magnis dis parturient montes, nascetur ridiculus mus. Sed ante nisi, mattis eget sollicitudin quis, sagittis vitae nunc. Nullam pharetra tincidunt.

Archive for 5月, 2017

向かう所敵なし!?音まで完璧になった『isai Beat LGV34』
5月 26th, 2017 · No Comments · 未分類

まず最初にご紹介したいのは、“音”です。B&O PLAYという、デンマークのオーディオブランドとのコラボスマホとなります。率直な感想は、とにかくクリアー!この一言がイチバンぴったりだと思います。音の隅々まで聞こえるので、今まで聴いていた音楽もより近くで聴いている気分に浸れます。クリアーな音の秘密は「Quad DAC」チップを搭載しているからなんです。 これをオンにするだけでひとつ上の音になる感じがします。というのも、イヤホンなどのオーディオデバイスを接続すると、オーディオデバイスに合った最適な音質に自動でスマホが調整してくれます。さらに、自分で75段階というほかではなかなかできないくらいの細かい音量調整や、左右のバランスなんかも調整できるので、イヤホンを接続するだけで、あらかじめ設定しておいた音質で音を楽しむことができちゃいます。ちなみにいつも音楽を聴いている私の環境ですが、インナーイヤー型(ハイレゾ対応)で、いつも聴いている音楽はハイレゾではありません。音量調整はというと通勤の時は音は大きめで、仕事中は小さめの音で聴きます。ほかのスマホやPCを使って、小さめの音で聴いている場合は音が全体的にモヤッと聴こえていましたが、isai Beatで聴いている時は小さいながらすべての音がひとつひとつクリアーに聴こえるんです。音楽ももちろんですが、私がよく聴く落語も扇子の叩く音なんかもその場に居るようなリアルな音で聞こえるんです。寄席に行けない時でも落語ロスにならずにすみそうだなぁと感じています。音は好みがわかれると思いますが、変に低音や高音が目立ってなくてフラットなのにひとつひとつの音がちゃんと生きている印象を受けました。
スマホで良い音楽が聞きたければこちら

最新スマートフォン「S1」はスリムだから女性でも扱いやすい
5月 25th, 2017 · No Comments · 未分類

スマートフォンは現代ではなくてはならないアイテムになっています。
早い家庭では小学生の高学年や中学生から持たせていることもあります。
そんな幅広い年齢層で使用されているスマートフォンに「S1」という最新スマートフォンがあります。
この最新スマートフォンの最大の特徴と言えるのがスリムということです。
ボディサイズは幅約69ミリ、高さ約143ミリ、厚さ約8ミリ、重さは約134gになっています。
これだけスリムなコンパクトサイズでしたら子供や女性でも扱いやすいですし、ポケットに入れて持ち歩くこともできますね。
外出するときに常にスマートフォンを持ち歩く人は疲れにくいので良いと思いますし、手が小さい人でも片手で操作できるから便利だと思います。
また、バッテリー容量が2,530mAhもありますので電池切れの不安なんて感じませんし、ディスプレイサイズが5インチという大型ディスプレイになっていますので動画やネット閲覧などを長時間楽しむこともできます。
カメラは約1,310万画素の高性能メインカメラと約800万画素のサブカメラを搭載していますので、どなたでも美しい写真が撮れると思います。
このようなスリムで高性能な最新スマートフォンを試しに使ってみるのも良いと思います。

低音強化、Spotify対応のパナソニック薄型オーディオ。5枚CD録音チェンジャー
5月 1st, 2017 · No Comments · 未分類

パナソニックは、CDやラジオ、スマートフォンなどの音楽を再生でき、音楽ストリーミングサービスの「Spotify」や「サウンドジャンプリンク」にも対応する薄型オーディオシステム「SC-HC1000」を5月19日より発売します。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は32,000円前後となる予定です。カラーはブラック(-K)とシルバー(-S)の2種類です。CDやネットワークオーディオ機能などを統合したオーディオシステムです。薄型のボディに、長さ225mmの曲線状ポートを採用したほか、スピーカー容積の効率化やマグネットの強化を行なっていて、自然で豊かな低音再生を実現しています。薄さを生かした設置性の高さやインテリアとしてのデザイン性もアピールしているのです。本体中央にCDプレーヤーを内蔵し、好きなCDを5枚まで本体メモリに録音する「デジタル5チェンジャー」も搭載しています。本体上部の5つのボタンを選ぶだけで、録音したCDアルバムを再生できるのです。録音方式はWAV(HQ1-CD)とMP3(MULTI-CD)。内蔵メモリは4GBのため、5枚までのCDをそのままの音質(WAV)で録音できます。EthernetとIEEE 802.11a/b/g/n無線LANも搭載し、ネットワークオーディオとして動作します。