This is where a welcome message or introduction paragraph can go. The area is fixed and will hold a maximum of 6 lines, including line breaks (<br />). I would prefer 5 lines though to avoid crowding and enable better spacing.

Cum sociis natoque penatibus et magnis dis parturient montes, nascetur ridiculus mus. Sed ante nisi, mattis eget sollicitudin quis, sagittis vitae nunc. Nullam pharetra tincidunt.

Archive for 11月, 2017

ツァイ・ミンリャン監督、VR映画に初挑戦 ベネチア映画祭で高評価/台湾
11月 14th, 2017 · No Comments · 未分類

ツァイ・ミンリャン(蔡明亮)監督が初めてVR(仮想現実)技術を用いて製作した作品「家在蘭若寺」が、イタリアで開催中の「第74 回ベネチア国際映画祭」で、VR作品を対象としたコンペティション部門にノミネートされています。同作は海外の映画評論家から高い評価を得ているのです。ツァイ監督によると、同作品は同映画祭のディレクターを務めたマルコ・ミュラー氏の声掛けを受けて作られたということです。話を聞いて興味を持ったものの、関わってみると頭を悩ませることが多く、すぐに諦めたくなったということです。当初はVRの画質は超現実的で、自身が思い描く美しさが表現できなかったと語るツァイ監督です。後に技術的な問題は克服されたものの、投資者が出資を引き上げるなどのトラブルも発生しました。最後にはスマートフォン大手のHTCの出資を得ることができ、完成にこぎ着けたということです。今後もVR作品を撮影するか尋ねられるとツァイ監督は「資金と創作のスペースを下さい。それから(台湾人俳優の)リー・カンション(李康生)も」と語っていました。

ジェスチャー操作にも対応!スマホVRゴーグル「BotsNew VR」
11月 7th, 2017 · No Comments · 未分類

スマートフォン向け製品でも数少ない“ハンドコントローラー”によるジェスチャー操作が可能なVRゴーグル「BotsNew VR」、専用アプリとの組み合わせによるVR体験はいかほどでしょうか。今回紹介するのは、指定の各種スマートフォン(以下スマホ)に対応した「BotsNew VR」。本製品は、全国の量販店で発売されており、価格は9250円です。BotsNew VR最大の特徴は、指で挟み込んで使用する「ハンドコントローラー」の存在です。通常のスマホVRでは、視点移動、タップなどが主な操作方法なのですが、本製品ではハンドコントローラー「ボッツニューコントローラー」を使用することでより直感的な操作を可能としているのです。ただし、ボッツニューコントローラーはBotsNew VR専用アプリでしか動作しないことに注意が必要です。専用アプリには、本格シューティングやダイビング、リアルなジェットコースターを体験できるゲームなど全5タイトルが用意されています。
Galaxy Studio | Events